×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top Page
店長より

ウツ病体験歴(2008,3月版)

 

津原明宏と申します。

 

これは、私自身のウツ病体験歴です。

 

アーナンダ名で時々ブログも書いております。

『明るいウツ病の会』

http://utubyou358.seesaa.net/

 

この文章は、徐々に書き加えていくつもりです。

 

・既に、10年近い年月がたっていること。

・当時は日記を書く余裕など無く、記録を残していないこと。

・特に最も苦しかった半年間は、出来事さえも記憶に無い部分もあります。

 

そう言うわけで、思い出したときに書き加えたり、削除。

また前後関係を修整させていただきます。

基本的に事実です。

 

最初に

私のウツ症状について

(平成11年〜18年ごろまで)

 

    足し算が出来ない(14+12とかが出来ない)

    手が震える(特にプレゼンテーション中に左手が前後に震えてしまっていたことを覚えています)

    『ウッ』などの奇声が日常生活で出る

    車の中で叫び狂う

    寝ている時に、エビのように激しく動く

    眠れない

    寝てばかりいる

    TVのチャンネルを数秒おきに変え、2〜3分でスイッチを切る

    TVのスイッチを入れたりきったりする

    ヨダレが出っ放し(土曜日とか)

    TV,音楽CD等を受け付けない

    だるい

    疲れやすい

    すぐ泣く

    ともかく死にたい

     

 

これにソウウツの

ソウの症状等があり、

 

怒りっぽく、切れやすくなったりしました。

 

相手の車を追いかけ、車から引きずり落として引っ叩こうとした。

周りとよく衝突したのも記憶にあります。

 

また書き足していきます。